伊丹公論の人物写真

e0275450_11245324.jpg


いつも西田写真館をご利用いただきましてありがとうございます。
昨日より通常営業しております。

上の写真は「伊丹公論」という新聞です。
この伊丹公論の「現代人物風景」というコーナーの写真を
西田写真館・西田慶介が担当させていただいています。

伊丹市立図書館「ことば蔵」が開館するちょうど百年前
宮ノ前に私設図書館を設立された小林杖吉さんという篤志家が
いらっしゃいました。この方が発行された郷土研究の新聞が「伊丹公論」でした。
この新聞が時を超えて、「ことば蔵」一周年により復刊されました。

復刊第1号より抜粋しました。

最新号は、復刊8号(平成27年5月31日発行)です。
追記:8/29に、復刊9号(8月31日号)が発行されました。
年4回の発行で、次回は11月に発行されるそうです。
伊丹市のホームページでは、最新号、バックナンバーも見ることができます。

「広報いたみ」は、市民の方の大切な情報源ですが、
「伊丹公論」は、伊丹の歴史、お店、商品、人物を
掘り下げてわかりやすく伝えてくれる「伊丹の新聞」です。
読んでいてとてもおもしろく、伊丹を再発見できる読み物だなあと思います。
公論なんて聞くと難しそうですが、私でも読める楽しい新聞でした。
田辺聖子さんの言葉通り、編集される方の「心意気」が感じられる紙面です。

「ことば蔵」や市内公共施設に置いてあるそうです。無料です。
西田写真館にも数部置いてありますので、
ご興味ある方はぜひお持ち帰りくださいね。








[PR]
by nishidaphoto-yome | 2015-08-22 11:28 | その他営業時間
<< 友達との記念撮影  夏季休業のお知らせ >>